明星大学

明星大学は、東京都の日野市にキャンパスを構える私立大学です。 noteでは「顔が見える…

明星大学

明星大学は、東京都の日野市にキャンパスを構える私立大学です。 noteでは「顔が見える」「”人”を感じる」コンテンツを通して、明星大学のことをより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

マガジン

  • つむぐ ~明星通信リレーnote~

    • 13本

    1967年創立の明星大学通信教育課程は、55年の歴史の中で18万人以上の学生が在籍してきました。 「明星通信」に関わる人を通して、幅広く「明星通信の魅力」をお伝えします。

  • 私の就活体験談

    明星大生の「就職活動体験談」を写真とコメントで綴ります。 -- https://www.meisei-u.ac.jp/contact.html#sec10 このマガジンは明星大学就職センターが運営しています。

  • 学長が聞く、学長に聞く

    学生を中心に、教職員、卒業生、地域の方々など、さまざまな人が交わり、学びの輪を広げている明星大学。 そんな「明星人」たちが、日々どんなことを考えているのか。 持ち前の実践躬行(じっせんきゅうこう)の精神でユニークな取り組みを行なっているゲストをお招きし、落合一泰学長がお話を伺います。

  • 卒業生の今とあの頃

    明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴ります。

つむぐ ~明星通信リレーnote~

1967年創立の明星大学通信教育課程は、55年の歴史の中で18万人以上の学生が在籍してきました。 「明星通信」に関わる人を通して、幅広く「明星通信の魅力」をお伝えします。

くわしく見る
  • 13本

第1回「クラスだからこそのオリジナルルール!」

村上ゆかり 先生(千葉県松戸市公立小学校) 明星大学通信教育課程 正科・課程履修生 修了 「私の学級通信」について 明星通信で学ばれたOBOGの方が、教育現場でどのような活動や取り組みをされているか、また、「私のクラスでこんなことがあったよ!」や「こんな課題を解決したよ」などをご自身の学級通信として、幅広く紹介する企画です。 これから教員を目指される方、現在、明星通信で学ばれている方、そして、OBOGの皆さんの学級運営などに役立つ企画になれば嬉しいです。 「皆さん!ち

スキ
14

第6回 回り道の最短ルート(前編)

上野純先生(東京都公立学校小学校教員) 明星大学通信教育課程正科生1年次 小学校教員コース卒業 小さな頃からの夢であった、小学校教員として、現在東京都の小学校教員として日々子ども達と向き合っている上野さん。 元々は、“普通に大学に進学して”小学校教諭の免許取得を目指すつもりでしたが、経済的な事情もありそれは叶いませんでした。 今回は、通信制の大学で学位と、教員免許状の取得を目指す“正科生”について、上野さんの話をもとにスポットをあてます。 (今回は、インタビュー形式

スキ
13

第6回 回り道の最短ルート(後編)

上野純先生(東京都公立学校小学校教員) 明星大学通信教育課程正科生1年次 小学校教員コース卒業 <前編からつづく>  「孤独」に学習を進めていた上野ではあったが、1年目の夏期に参加したスクーリングが、転機になる。必修科目の演習スクーリングで、”友人”と出会ったのだ。  普段は全国各地で、自分と同じように「孤独」に学習をしている友人達と初めて顔を合わせた。年齢、地域、職業、そしてそれぞれのバックグラウンド。皆それぞれ全く異なる仲間達。「子育てをしながら学習している人もい

スキ
13

学びが仕事に活きるとき(後編)

永江 真彩 先生 (熊本市立小学校教諭) ・明星大学通信教育課程 正科・課程履修生 小学校教員コース 修了生 前編では、永江さんの明星通信での思い出と印象に残っている事や気づいていることについて伺いました。後編では、現在のお仕事の話を中心に伺っていきたいと思います。 永江さんは現在、熊本市にある公立小学校の教員として働かれているんですよね?  明星通信で、小学校教諭免許状の取得に必要な単位を修得した後、熊本市の教員採用試験を受験し、2021年から働き始めました。親が

スキ
13

私の就活体験談

明星大生の「就職活動体験談」を写真とコメントで綴ります。 -- https://www.meisei-u.ac.jp/contact.html#sec10 このマガジンは明星大学就職センターが運営しています。

くわしく見る
  • 10本

私の就活体験談(10)経済学部卒 工藤 彩音さん(大手不動産管理企業内定)

就職先を選んだ理由 私が就職先を選んだ理由は、管理実績が首都圏トップクラスであり、都心を中心にその街のシンボルマークとなるような建物や、誰もが知っている建物の管理に幅広く携わっている点に魅力を感じたためです。 就活を始める前は、働きたい職種がこれといって無かったため、幅広く色々な業界を調べたり、説明会に参加したりしていました。 さまざまな業界の話を聞いているうちに不動産関係の仕事に興味を持つようになり、その中でも管理業務を通じて人々が快適で安全な環境を提供するという仕

スキ
32

私の就活体験談(7) 建築学部卒 清水峻希さん(大手メーカー(住宅設備)内定)

内定先を選んだ理由 私が内定先を選んだ理由は3つあります。 1つ目は、大学4年間で学んだことを発揮できると考えたからです。具体的に大学では、建築環境学や設備、設計や構造と幅広く学んできました。 2つ目は、やりがいがある仕事だと考えたからです。内定先では、窓の設計を志望しています。窓は人々が建物を見て、最初に目に入るところだと思います。窓の外観でその建物の印象が決まってしまうので、とてもやりがいのある仕事だと感じました。 3つ目は、企業の規模です。規模が大きいと福利厚

スキ
8

私の就活体験談(9) 人文学部卒 高橋大輔さん(大手総合広告会社内定)

内定先を選んだ理由 私が内定先の企業を選んだ一番の決め手は、自分のキャリアプランと一致したからです。 私は将来、マーケティングの力を活かして日本経済の活性化に貢献したいと考えています。そのため、マーケティングの分野で日本経済との深い繋がりを持つ企業を中心に就職先を選択しました。その中でも内定先の企業は、某大手新聞会社での広告媒体を中心に、マーケティングを通して多岐にわたるクライアントの課題解決を行っております。また、過去の業務事例としても日本経済の実態を反映させたものが多

スキ
13

私の就活体験談(6) 情報学部卒 薗田彩名さん(大手情報通信インフラ企業内定)

内定先を選んだ理由 私が内定先を選んだ一番の理由は、「就職活動が少し楽しみになるような魅力」を企業に感じたからです。 就職活動が始まるとき、本当に憂鬱で面倒で仕方がありませんでしたが、友人から「70社受けて10社も受からなかった」という話を事前に聞いていたため、早く行動しないと終わらないという不安も抱いていました。面倒だなという気持ちと、早く終わらせたい不安が葛藤する中で、3年生6月の初めに大規模な就活イベントに参加。さまざまな企業が参加している中で、偶然内定先となる企

スキ
17

学長が聞く、学長に聞く

学生を中心に、教職員、卒業生、地域の方々など、さまざまな人が交わり、学びの輪を広げている明星大学。 そんな「明星人」たちが、日々どんなことを考えているのか。 持ち前の実践躬行(じっせんきゅうこう)の精神でユニークな取り組みを行なっているゲストをお招きし、落合一泰学長がお話を伺います。

くわしく見る
  • 39本

学長が聞く、学長に聞く―第20回―受け継がれる明星大学の「思いやり文化」(前編)

品川 七海さん(教育学部教育学科音楽コース2023年3月卒業)×落合 一泰(学長) 明星大学には、授業やクラブ・サークル活動など場面を問わず、日常的に「後輩のために」「困っている人のために」という自然な思いやりと行動が、学生のあいだで脈々と受け継がれています。 今回は、コロナ禍のなかでの入学で不安を抱えている下級生のために『学生フォロープレイス』を立ち上げた品川さんにお話を伺います。なぜ本学では、学生の誰もが自然と困っている人に寄り添えるのか?その秘密に迫ります。 仲間や

スキ
21

学長が聞く、学長に聞く―第19回―甲子園から明星大学へ、そして東京ドームへ。野球と物理学の文武両道でプロ野球への道を拓く(後編)

松井 颯 さん(理工学部 総合理工学科 物理学系4年/硬式野球部)×落合 一泰(学長) 前編では、松井選手がこれまでの競技生活の中で磨いてきたものや、部活動と学業をどのようにして両立してきたかについてうかがいました。後編では、松井選手を4年間にわたって指導してきた明星大学硬式野球部浜井澒丈(ひろたけ)監督と山田茂男総監督も加わり、落合学長がかねて関心を持っているカレッジスポーツの意義や、指導するうえで大事にしていることなどについてお話しいただきました。 カレッジスポーツの

スキ
17

学長が聞く、学長に聞く―第19回―甲子園から明星大学へ、そして東京ドームへ。野球と物理学の文武両道でプロ野球への道を拓く(前編)

松井 颯 さん(理工学部 総合理工学科 物理学系4年/硬式野球部)×落合 一泰(学長) 2022年10月20日に開催された「2022年プロ野球ドラフト会議」で、読売ジャイアンツから育成1位指名を受けた本学硬式野球部の松井選手。理工学部で物理学を専攻し、卒業論文では回転数がボールに及ぼす影響を研究しています。プロ入りをめざして取り組んできた野球に対する思いや、明星大学で部活動と学業をいかにして両立してきたかについてうかがいました。 プロからの評価を獲得するために取り組んでき

スキ
19

学長が聞く、学長に聞く―第18回―「気づく力」と「つなげる力」を伸ばす!~大学の学びで大切なこと(後編)

細川 昌彦教授(経営学部 経営学科)×落合 一泰(学長) 前編では、経営学部の細川先生がどのような想いで教壇に立っているのか、またこれからの時代を読み解き、生き抜くためには何が必要なのかをうかがいました。続く後編では、気づきを形にしていくために細川先生が大事にしていることや、ご自身を動かす原動力などを中心に語っていただきました。未来の予測が困難な時代にあっても、ブレない確かな芯を持ちたい。そう思えてくる内容です。 立場を越えた熱い想いが、新しい価値創造につながる。落合学長

スキ
31

卒業生の今とあの頃

明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴ります。

くわしく見る
  • 35本

卒業生の今とあの頃(36)建築学系卒業 古関友奈さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー 古関 友奈<Tomona Koseki> 2018年 総合理工学部総合理工学科建築学系 卒業 趣味:映画鑑賞、料理、レザークラフト、旅行 古関友奈さんの今ー ハウスメーカーの技術職として、"地図に残る"仕事と向き合っています私は現在、ハウスメーカーと呼ばれる会社で働いています。 インターンで設計事務所にも行っていましたが、ゼミの先生の勧めもあり今の会社への就職を決めました。 全国に支店があり、最

スキ
13

卒業生の今とあの頃(35)総合理工学科卒業 五月女美香さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー 五月女 美香<Mika Saotome> 2013年度 理工学部 総合理工学科(学部)卒業 2015年度 理工学部 理工学研究科 化学専攻 博士前期課程修了 2018年度 理工学部 理工学研究科 化学専攻 博士後期課程修了  現在の職業:研究者(University of North Dakota) 趣味:映画鑑賞 五月女 美香さんの今ー アメリカ州立大学で研究に打ち込んでいます現在、アメリカの

スキ
13

卒業生の今とあの頃(34)心理・教育学科卒業 楢山壽高さん・浦野啓太さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー 楢山 壽高<Toshitaka Narayama> 2009年度 人文学部 心理・教育学科 心理学専修卒業 趣味:野球・アウトドア全般・チーズ 浦野啓太<Keita Urano> 2009年度 人文学部 心理・教育学科 心理学専修卒業 趣味:テニス・野球観戦・ワイン 株式会社Smile-Company 代表 楢山 壽高さんの今ー 大学時代の仲間・浦野さんと一緒に飲食店をオープン!卒業後、飲食店

スキ
9

卒業生の今とあの頃(33)造形芸術学科卒業 白井 晃平さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー 白井 晃平<Kohei Shirai> 2008年 明星大学 日本文化学部 造形芸術学科(現:デザイン学部デザイン学科) 卒業 現在の職業:株式会社日立製作所勤務(プロダクトデザイナー) 趣味:海外旅行、建築巡り、アート鑑賞 白井 晃平さんの今ー プロダクトデザイナーとして、国内外問わず地域の人に寄り添うデザインを実践 現在はメーカーでインハウスのプロダクトデザイナーをしています。 家電製品の

スキ
19