新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

卒業生の今とあの頃(14)経済学科卒業 武田琴乃さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー

武田琴乃<Kotono Takeda>
2018年3月 経済学部経済学科 卒業
趣味:旅行、歩くこと、バドミントン
現在の職業:公務員(市役所、行政事務職)

武田琴乃さんの「今」
市役所職員として市民向け講座を企画しています

大学卒業後、市役所に入庁して約2年半は市民館(公民館と称している場合が多い)に配属され市民向け講座の企画、運営を担当しておりました。

市の公共施設というと、子育て世代やシニア世代が集う場所というイメージを持つ人が多いと感じ、若者を市民館へ取り込むためにどのような工夫が必要か考えるようになりました。

実際の取り組みの1つとして昨年度は新型コロナウィルスの影響もあり、市民館で空きスペースができたため、夏休みと冬休みの期間に小学生から高校生までを対象とした学習スペースを提供しました。職場内では今まで実施事例が無かったため1からの企画で難しく感じることもありましたが実際の利用者がリピーターになってくれたり「継続して欲しい」というお声もいただけてやりがいを感じております。

入庁した当初はなかなか自身が力を入れて取り組みたいことを見つけられるか不安を感じておりましたが、他自治体の取り組みについて本を読んだり実際に足を運んでみて自分なりのやりがいを見つけられるように心がけています。

武田琴乃さんの「あの頃」
キャリア特講を履修し資格を取得しました

昔から観光に興味があり、資格取得も目指せることから国内旅行業務取扱管理者の勉強をしました。出題範囲も広くアルバイトなどもしていたため授業内と空き時間を活用して勉強しました。

講師の方も親身になって相談に乗ってくれ試験直前まで手厚くサポートしてくれたおかげで無事に合格することができました。

また、この資格を取得したことにより将来観光に携われる仕事に就きたいと考えるようになり市の職員を目指すきっかけともなりました。

大学生活では知識を得られることはもちろん仲間とも協力し合いながら様々なことに挑戦できる貴重な時間だと思います。興味があることには失敗を恐れずにまずは一歩踏み出して取り組んでみることが大事だと学生時代に学ぶことができました。仕事をしていてもこの気持ちを忘れずに心がけていきたいと思っています。

画像2

―「明星大学卒業生の今とあの頃」は2~3週間に1度のペースで更新予定です。様々な卒業生が登場しますのでお楽しみに!―

豆情報:明星大学は東海道新幹線が誕生した1964年に開学しました
14
明星大学は、東京都の日野市にキャンパスを構える私立大学です。 noteでは「顔が見える」「”人”を感じる」コンテンツを通して、明星大学のことをより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。