卒業生の今とあの頃(19)教育学科卒業 遠山里穂さん
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

卒業生の今とあの頃(19)教育学科卒業 遠山里穂さん

ー明星大学卒業生の「今」と「あの頃(在学当時)」を写真とコメントで綴りますー

遠山 里穂〈Riho Tôyama〉
2015年3月 明星大学 教育学部教育学科 教科専門(音楽)コース 卒業
現在の職業:埼玉大学教育学部附属小学校 音楽科教員
趣味:楽器演奏(ピアノ・アルトサックス・ギター)、ディズニー・SUP・ウェイクボード

遠山里穂さんの今ー
小学校で勤務しながら、子供たちと楽しく過ごしています

埼玉大学教育学部附属小学校で音楽科の教員として勤務しています。現在は4年生の学級担任をしながら、他学年の音楽科授業も担当し、充実した毎日を送っています。

私が附属小学校に着任したのは、新型コロナウイルス感染症による休校期間中。学校が再開してからも、担当教科の音楽は「歌唱・器楽」の活動が制限され、正直どうなることかと不安な気持ちを抱えたスタートでした。ですが、附属小で過ごす毎日は刺激的で、「子供たちのために、まずは自分が学び変わり続けていかなければならない。」という思いが強くなり、今ではたくさんの先輩の先生方に御指導頂きながら、日々研鑽に励んでいます。
私は「先生」として、子供たちのサポーターでありたいと思っています。個性豊かな子供たちが、安心して主体的に学べる環境を子供と一緒につくっていくために、これからも学び続けていきたいです。

画像5

▲3年生にとって初めてのリコーダーの学習です。小鳥の鳴き声のような音色を楽しみました。

附属小学校では、毎年10月に研究協議会を行っております。令和3年度の研究協議会は、10月19日(火)、20日(水)に行われます。音楽科は19日(火)の開催です。昨年度からZoom開催となっておりますので、学生の皆様も興味がありましたら御参加頂くと、学校現場について知ることのできるよい機会になるのではないかと思います。
※研究協議会のお申し込みはこちらから。

また、本校のFacebookでは日頃の学校での取り組みを見ることもできます。教員とはどんな仕事なのか、また、どのように子供と向き合い、授業づくりをしているのか等、気になる方は是非ご覧ください。
※研究部Facebookページはこちらから。

遠山里穂さんのあの頃①
様々な音楽、個性豊かな仲間と出会った軽音楽部

大学では、軽音楽部に所属していました。これまで特定の音楽しか聴いてこなかった私にとっては、新たにたくさんの音楽に出会う場所となりました。

画像1

▲軽音楽部で初めて組んだバンド「ポッキー☆ゲーム」でのライブの様子

1日中スタジオで練習したり、お酒を飲みながらいろいろな話をしたり、4年間本当に楽しい時間を過ごすことができました。また、音楽好きの集まる環境で演奏することは、自分自身の技術を磨き高めたいという思いにさせてくれました。様々なジャンルの音楽に出会わせてくれた軽音楽部に感謝の気持ちでいっぱいです。

画像2

▲4年の文化祭での集合写真。第48代の仲間たち!

遠山里穂さんのあの頃②
音楽の楽しさを改めて感じた音楽コースでの日々

音楽コースでは、小中学校の音楽科教育についての講義を中心に、教育についての様々な知識を学びます。授業等の指導法の他に、ピアノや声楽、器楽、作曲等の講義も受講することで、自らの技能を高めることもできました。素晴らしい先生方から御指導頂くことができるのは、明星大学音楽コースの強みだと思います。

1年間の成果を発表する場として、毎年3月には、「春の演奏会」が行われています。オペラや合唱、ピアノ演奏等、1~4年生が工夫を凝らしたステージをお届けしています。4年生の卒業公演も兼ねているこの演奏会。私も自分が卒業するときは、涙しながら歌ったことを今でも思い出します。

画像3

▲卒業公演終了後、作曲の堤先生とシェイクスピアポーズ!後列左から3番目が私です。

音楽コースの仲間と一緒に学んだ日々は、今の私の音楽教育に対する思いの基盤となっています。「みんなで楽しく」演奏すること、そうすることで、心も豊かになっていくのではないかなと思います。
卒業してからも定期的に集まり、声楽の学びを深めたり、仲間の結婚式で歌を歌ったりしています。今はコロナ禍で集まることができませんが、また以前のように集まれたらいいなと思います。

遠山里穂さんのあの頃③
今でもつながる、「所沢会」

同じ教育学部に通った学生で、「所沢会」という最高の仲間たちがいます。どのような会かというと、西武線を使って大学に通っていた人たちの集まりです(笑)
大学時代は、みんなでBBQをしたり、お酒を飲んだりして、楽しい時間を共有しました。

画像4

▲大学2年生、夏のBBQの様子。川に入ってみんなで泳ぎました!

今でも、年に1回は必ず集まり、お互いの近況報告をしています。同じ教師という仕事をしているので、気付けば真剣に教育について語り合っています。いろんな学校の話を聞いたり、自分の考えを聞いてもらったりして、改めて教師という仕事と向き合う時間となっています。

画像6

▲社会人5年目、所沢のデジQでの1枚。心置きなく語り合える最高の仲間です!

明星大学でのたくさんの人たちとの出会いがあったからこそ、今の私があります。楽しく、そして多くのことを学ぶことができるのが明星大学だと思います。是非、楽しいキャンパスライフを送ってください。

―「明星大学卒業生の今とあの頃」は2~3週間に1度のペースで更新予定です。様々な卒業生が登場しますのでお楽しみに!―

キャンパス写真館――青空と大学会館🏫
明星大学は、東京都の日野市にキャンパスを構える私立大学です。 noteでは「顔が見える」「”人”を感じる」コンテンツを通して、明星大学のことをより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。